Doomo

名刺を簡単に作る方法【個人事業主・フリーランス・副業】

名刺を簡単に作る方法 - オンラインの名刺作成サービス比較
更新日: 2022/08/01   投稿日: 2022/07/05
  • 個人事業主やフリーランスでも、ビジネスの人脈を広げたいなら名刺が必要
  • オンラインの名刺作成サービスなら、デザインから印刷注文までネットで完結
  • 数百円程度から作れて、早ければ翌日~翌々日には手元に届く

個人事業主・フリーランスの名刺って?

最近では、個人事業主やフリーランスでも、人脈形成のために名刺を持っていることが多いです。また、いわゆる「副業会社員」が、パラレルワーク用の名刺を作っていることも珍しくありません。

個人事業主やフリーランスの名刺(シンプルな例)

個人事業主・フリーランス・副業会社員の名刺

名刺印刷サービス「ラクスル」で作成

名刺の記載内容に決まりはありません。自分のビジネスに必要な情報を載せればよいです。会社の名刺とは違うので、無理に「役職」や「所在地(住所)」などを記載する必要はありません。

記載事項の例【個人事業主やフリーランスの名刺】

屋号 「山田デザイン事務所」などの屋号がある場合は記載する
肩書き 業務内容がわかる肩書きを記載する
例:Webデザイナー・ライター・プログラマー・〇〇コンサルタントなど
名前 ビジネスネームやペンネームでも問題ない
メールアドレス フリーメール(Gmailなど)や携帯キャリアのアドレスでもOK
電話番号 電話連絡に応対できる場合は載せておくとよい
ホームページ 自分のHPがある場合は、URLやQRコードを載せておくとよい

このほか、屋号のロゴや顔写真などを掲載している個人事業主もいます。記載情報を増やしたいなら、裏面に「詳しい業務内容」や「略歴」などを載せてもよいでしょう。(後述する名刺作成サービスでは、画像ファイルの挿入や裏面印字なども可能です)

オンラインで名刺を作る流れ

名刺作成の流れ(オンライン名刺印刷サービス)

オンラインの名刺印刷サービスを使えば、名刺のデザインから印刷注文まで、すべてウェブサイト上で完結できます。デザインの作成は、テンプレートに名前や連絡先を入力するだけでもOKなので、決して難しくありません。

デザイン作成の手順【オンライン名刺印刷サービス】

テンプレートの選択 記載事項の入力 デザインの調整(任意)
ネット名刺プリントサービス(テンプレート選択) オンライン名刺作成サービス(記載内容の入力) クラウド名刺印刷サービス(デザインの作成・調整)

名刺印刷サービス「ラクスル」の例

名刺のデザインが完成したら、あとは枚数や紙質を選択して注文するだけです。早ければ当日~翌日に印刷&出荷してもらえます。

ちなみに、オンラインの名刺作成サービスでは、自作のデザインデータを入稿して印刷してもらうこともできます。「テンプレは嫌だ!」という人は、デザインソフト(イラレやフォトショなど)でオリジナルの名刺デザインを作ってから注文しましょう。

おすすめの名刺作成サービス【比較一覧表】

個人事業主・フリーランス・副業会社員などにおすすめの、オンラインで使える名刺作成サービスをまとめました。

おすすめの名刺プリントサービス【比較一覧表】

プリスタ(オンライン名刺作成サービス)プリスタ。 ラクスル(オンライン名刺印刷サービス)ラクスル 名刺通販ドットコム(ネット名刺印刷サービス)名刺通販ドットコム
印刷料金 50枚 780円〜
100枚 150円~ 499円~ 980円〜
200枚 300円~ 946円~ 1,780円〜
最小注文数 100枚から 100枚から 50枚から
送料 260円~ 242円~ 550円
最短出荷日 即日 翌営業日 即日
カラー印刷
両面印刷
画像の挿入
テンプレだと基本不可
テンプレート数 600種類以上 約400種類 300種類以上
プリスタ。 ラクスル 名刺通販ドットコム

>> おすすめの名刺作成サービスを詳しく比較!

シンプルな名刺なら、上記の印刷料金と送料だけで作れます。オプション(両面印刷・紙質変更など)を利用すると、そのぶんの料金が加算される仕組みです。なお、実際に注文しない限り料金は発生しないので、試しにデザインを作ってみるだけなら無料です。

注文枚数は「50枚から」か「100枚から」が一般的です。小規模事業者はちょっと多く感じるかもしれません。しかし、たとえばビジネス交流会などに参加すると20~30枚はすぐに消費してしまうので、ひとまず多めに作っておくとよいでしょう。

Doomo

Doomo(ドーモ)では、東京を中心にテーマ型のビジネス交流会を開催しています。

イベントの日程一覧