Doomo

10士業とは?登録者数・男女比・難易度などの比較

10士業とは?登録者数・男女比・難易度などの比較
更新日: 2022/09/09   投稿日: 2022/07/01

8士業・10士業とは?

士業のなかでも、以下の8種類をまとめて「8士業」と呼びます。戸籍・住民票などの請求権を持つ点で、他の士業に比べて強い権限を持ちます。いずれも国家資格です。

「8士業」の国家資格
弁護士、弁理士、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、海事代理士

上記の8士業から「海事代理士」を除外し、「公認会計士」「中小企業診断士」「不動産鑑定士」の3種類を加えたものを、一般的に「10士業」と呼びます。以下、10士業の実勢データを簡単に紹介します。

「10士業」の登録者数・男女比・試験合格率

登録者数 (人) 男性の割合 女性の割合 試験合格率
弁護士 42,164 81.0% 19.0% 39.1%
弁理士 11,460 84.3% 15.7% 9.7%
税理士 78,795 84.9% 15.1% 20.3%
司法書士 22,724 82.1% 17.9% 5.1%
行政書士 48,639 85.4% 14.6% 10.7%
公認会計士 31,793 85.6% 14.4% 10.1%
社会保険労務士 42,887 68.7% 31.3% 6.4%
土地家屋調査士 16,240 9.6%
中小企業診断士 約27,000
(平成31年4月1日時点)
5.5%
不動産鑑定士 8,268
(平成29年1月1日時点)
33.1%

※ いずれも基本的に2020年時点の数値

上表の「試験合格率」を見れば、どれも難易度の高い資格であることがわかります。なお、弁護士の合格率が高いのは、試験を受けるまでのプロセスで相当ふるいにかけられるためです。

10士業の登録者数

士業の仕事をスタートするには、資格試験に合格するだけでなく、各士業団体へ登録が必要です。参考までに、2016年から2020年の5年間における「10士業」の登録者数は、下表のように推移しています。

総登録者数の推移(2016年~2020年)

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
弁護士 37,680 38,980 40,066 41,118 42,164
弁理士 10,871 11,057 11,185 11,336 11,460
税理士 75,643 76,493 77,327 78,028 78,795
司法書士 22,013 22,283 22,488 22,632 22,724
行政書士 45,441 46,205 46,915 47,901 48,639
公認会計士 28,289 29,369 30,350 31,189 31,793
社会保険労務士 40,110 40,535 41,187 42,056 42,887
土地家屋調査士 16,940 16,761 16,625 16,471 16,240
中小企業診断士 約27,000
不動産鑑定士 8,268

※ 単位:人

いずれの業種でも大きな減少は見られません。増加傾向にある士業の登録者は、弁護士・税理士・行政書士・公認会計士・社会保険労務士です。

10士業で女性が占める割合

よく「士業は女性が少ない」と言われますが、近年は徐々に増加しています。社会保険労務士は、他士業に比べて女性の割合が高めです。

総登録者のうち女性が占める割合の推移(2016年~2020年)

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
弁護士 18.3% 18.4% 18.6% 18.8% 19.0%
弁理士 14.7% 14.9% 15.1% 15.3% 15.7%
税理士 14.4% 14.5% 14.8% 14.9% 15.1%
司法書士 16.5% 16.8% 17.2% 17.6% 17.9%
行政書士 13.0% 13.4% 13.7% 14.1% 14.6%
公認会計士 13.5% 13.7% 13.9% 14.1% 14.4%
社会保険労務士 29.4% 29.5% 30.1% 30.7% 31.3%

なお、土地家屋調査士・中小企業診断士・不動産鑑定士に関してはデータがないので、代わりに試験合格者の男女比を紹介しておきます。

合格者のうち女性が占める割合の推移(2016年~2020年)

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
土地家屋調査士 5.2% 6.5% 6.5% 8.4% 9.7%
中小企業診断士 7.2% 7.1% 6.8% 9.5% 9.1%
不動産鑑定士 15.7% 19.1% 9.3% 19.8% 16.3%

10士業の試験合格率

10士業における資格の難易度を、時系列で見てみましょう。弁護士に関しては、司法試験の合格率が年々増加しています。それ以外の士業種では、大きな変動は見られません。

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
弁護士 22.9% 25.9% 29.1% 33.6% 39.1%
弁理士 7.0% 6.5% 7.2% 8.1% 9.7%
税理士 15.8% 20.1% 15.3% 18.1% 20.3%
司法書士 4.0% 4.1% 4.3% 4.4% 5.2%
行政書士 10.0% 15.7% 12.7% 11.5% 10.7%
公認会計士 10.8% 11.2% 11.1% 10.7% 10.1%
社会保険労務士 4.4% 6.8% 6.3% 6.6% 6.4%
土地家屋調査士 8.8% 8.9% 8.6% 9.5% 9.6%
中小企業診断士 4.2% 4.2% 4.4% 5.5% 7.8%
不動産鑑定士 32.6% 32.5% 33.4% 32.4% 33.1%

すでに述べた通り、上記の合格率には「試験を受けるまでのプロセスの難易度」は一切反映されていません。また、業種によって、母数の取り方が異なる場合もあります(志願者 or 受験者数)。

したがって、士業間での難易度を、この表だけで単純比較することはできません。あくまで、各士業において、時系列での変化を知りたいときの参考としてください。

【参考】日本の人口と未来予測

日本の総人口と生産年齢人口は、今後以下のように減少する見込みです。それにともなって、国内においては需要が減少してしまう業務もあるでしょう。

日本の人口推計

日本の総人口 日本の生産年齢人口
日本の総人口の推計(2017年推計) 日本の生産年齢人口の推計(2017年推計)

日本の将来推計人口(平成29年推計) – 国立社会保障・人口問題研究所

とはいえ、士業の人口まで減少するとは限りません。参考までに紹介しますと、弁護士人口は以下の通り2050年ごろまでは増加し続ける見込みです。

弁護士に関する人口推計

弁護士人口 (人) 国民総人口 (万人) 弁護士1人あたりの
国民数 (人)
2019 41,118 12,617 3,068
2020 42,164 12,533 2,972
2021 43,115 12,484 2,895
2022 44,091 12,431 2,819
2027 48,954 12,124 2,477
2032 53,792 11,762 2,187
2037 58,491 11,354 1,941
2042 62,406 10,913 1,749
2047 64,121 10,462 1,632
2052 61,844 10,014 1,619
2057 58,782 9,562 1,627
2058 58,376 9,470 1,622
2059 57,921 9,378 1,619
2060 57,673 9,284 1,610
2061 57,444 9,190 1,600
2062 57,240 9,095 1,589
2063 57,238 8,999 1,572
2064 57,285 8,904 1,554
2065 57,285 8,808 1,538

弁護士人口の将来予測 – 弁護士白書 2020年版

日本の老年人口は、2040年ごろがピークと見られます。特定の業務に関しては、むしろ需要が増えることも充分考えられます。

Doomo

Doomo(ドーモ)では、東京を中心にテーマ型のビジネス交流会を開催しています。

イベントの日程一覧